2007年06月19日

毛取物語―新章2―

前編はこちらから。

本慎さん文さんの、黒いチビッココンビが、このは源氏めがけて走ってきました。
一連の事態に、まったくついていけないこのは源氏。
もはやこれまでかと思った瞬間、一陣の風と共に飛来する物体が!!

「持ってこ〜い!」
どこかからの掛け声に、慎さん文さん、眼前を飛来していくフリスビーを追って方向転換です。

「これっ!慎さん文さんっ」
ご老公の呼び声も虚しく、慎さん文さん、フリスビーしかみえていないようです。。
誰もがあっけに取られていると、
「フッ……つまらぬものを蹴ってしまった。。」
声を追って見上げた先に、やたらと凛々しい若者が可憐な少女とこちらを伺っていました。

「おぬし、何者じゃ」
「ボクはサッカー界の貴公子トト、負け犬イジメは見過ごせないな」
「にいたん、なにやら誤解があるようにみえましゅ」
「なんだって?」
「ええと、、僕は帰ってこない村娘さんたちを探しに来たものなんですが……」
「・・・ではあやしい者ではないと?これは失礼いたしました。私は越後のちりめんワンコの隠居でございます」
そこへフリスビーを持って戻ってきた、慎さん文さん。
「娘さんたちは遠出が日課で、今日はつい長居してしまっただけのようですよ」
「私たちが村までお送りしましょう」
こうしてご老公一行は村娘を伴って世直し旅に戻って行きました。

totolulu.jpg

本さて、魔物退治もしないであっさり任を解かれたこのは源氏。まずは助けてもらったお礼を言わねばと、
「ぼくはこのは源氏といいます。なにやら危ないところを救っていただきまして、ありがとう、、」
「ということは、あなたりょく壺おねえちゃまの義理の息子ね」
「りょく壺様をご存知で?」
「ええ、あたちはルル。りょく壺おねえちゃまが帝の后になどならなければ、
今頃世界は、あたちたちの美しさの前にひれ伏していたはずよ」
「ハハッ、ルルは十分その魅力を振り撒いているよ」
貴公子トト、どうやらシスコンのようです。
「それよりも気になることがあるんです。ここに住まうというチビッコ族はどこにいるのでしょう?」
「さあ、ボクらも今来たばかりで。。」

するとなにやら生暖かい風が吹いてきて、辺りがざわめきました。

「そなたら、ここをチビッコ谷としっての狼藉か」
恐る恐る声の方をみると、白と黒のお耳が大変りっぱな小さいワンコが、岩の上から3匹を見下ろしていました。
このは源氏、谷の入口でリンレイ姉弟から受けた助言を思いだしました。
そう、謙虚な態度です!
「ココロならずも大変失礼いたしました。私は通りすがりのもの、どうかこのままお見逃しください」
宮中仕込みの低姿勢、立派な自己防衛セリフです。
「・・・妾はチョビ。このチビッコ谷のプリンセスじゃ。去るというなら追わぬが、通行料は置いてゆくのじゃ」
さて困った3匹です。
金品の持ち合わせもなく、オヤツも携帯していませんでした。
あるものといえば、、
「にいたん、そのサッカーボールをあげちゃってくだしゃい」
「いやだ!これはボクの命だよ!!」
「何いってるんですか、ボールの1つや2つ。。」
「なんだい、君まで!いいかい、このボールはね、、」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ...
突然の地響きです!
敬意を失った態度が、ついにプリンセスの逆鱗に触れてしまいました。
愛らしいお顔はそのままなのに、立派なお耳が、、シフトチェンジ!!

chobi(ab).JPGー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)chobi(ac).JPG

「去るのじゃ!!」

突風が吹きすさび、3匹はびゅうーーっと飛ばされていきました。。

3匹が気付くと、そこは港でした。
なんだか都合よく目的地に近付いているようです。
「ボクたちはここから世界中を周ることにするよ」
「あたちは美しさ、にいたんはサッカーでね」
トトルル兄妹に手を振って、このは源氏は、はな式部の故郷へと出港します。

本潮風にあたりながら波間を眺めていると、グルグルと世界が回りました。
船酔いです。
甲板でケロケロしているこのは源氏に、セレブな香りの漂うワンコが近付いてきました。
「よろしければこれを。。」
差し出されたハンカチには、ジャスミンの香り。。
「私はジャス。ママ離れの練習中なの」
「ママさんは港に?」
「いえ、船室にいるわ」
「・・・」

jas.JPG

船酔いが落ち着いてきた頃、再びジャス嬢がお茶のお誘いにやってきました。
「この船には、いま流行りのなんとか喫茶があるそうなの、ご一緒しましょ」
せっかくのお誘いです、案内に添って扉を開けるとそこは、、
「お帰りなさいませ!お嬢様」
白のボディカラーに燕尾服のきまってるワンコが出迎えてくれました。
「わたくしは、執事のペル氏でございます」
「え、ペルシ君だよね?」
「いえ、ペル氏でございます」

6.19(aa).JPG

とまどいつつもアフタヌーンティーなどいただいていると、先ほどのペル氏がやってきました。
「失礼いたします。あちらのお嬢様がたが、記念撮影をご一緒にと申されておいでです」
みると、白黒茶のワンコが見事なポーズでお座りをしていました。
「ぜひご一緒にお写真を」
そう微笑みかけてくるのは、茶のくるみ嬢。
「私たち、旅の記念にはかならず集合写真を撮ってますの」
白のあずき嬢が見せてくれたアルバムは、どれも見事なまでの集合写真です。
「そのあとで一緒に甲板でランしましょ♪」
元気に答えたのは、黒のなっつ嬢。
「ではわたくしがシャッターを、、」

さあどうするシャイボーイ&シャイガール!?

3姉妹のお友達アルバムに、初の個別写真が飾られました。。

kurunatuazu.JPG

さて、山を越え谷を越え、海まで渡って、いよいよ上陸です!!

・・・ということで終わらなかったので、前中後編となってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
21日完結ですダッシュ(走り出すさま)

                    後編>>


「お名前のみならず、勝手にお写真を拝借いたしましたことと、配役についてのご不満は、
どうか寛大なお心でお許しくださいませ<(_ _)>」筆者

≪1周年だよ☆企画週間≫プレゼントクイズはこちらから(←☆をクリック)
posted by このっち at 19:58| ☔| Comment(12) | 挿話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。