2007年06月21日

毛取物語―新章3―

本前編本  本中編本

乗客が次々とデッキを渡って上陸していきます。
このは源氏も皆に続いてデッキを歩いていましたが、
最後の部分が、なんと格子状になっているではありませんか。
あれは踏めません。いつもの要領でさっと横に避けたら、そこは海でした。。

このは源氏、泳ぎは未経験です。
「これにつかまって!」
可憐な声とともに投げ込まれた浮き輪を、とっさに掴みます。
そのまま陸に引き揚げられて、なんとか上陸。
「大変でしたね。私は蝶々と申します。このは源氏の君」
「なぜ僕の名を?」
「帝の【ツレヅレしぐれ】を読みましたの」
ねっとの力は海を越えます。

Xaa.JPG

本蝶々ちゃんと一緒にランチをすることにしました。
案内されたお店の看板には、
〜隠れ家的笑いのレストラン《ぴの亭》〜とあります。
「・・・いらっしゃい」
少々やる気のない、もほーんとした態度の店主らしきワンコが、お水とメニューを運んできました。
「メニューよ」
《・クマの出没情報
 ・自由犬の捜索
 ・魔法使いのイタズラ》
どうみても、おいしい食事とは思えません。。
「……あの、これは?」
「あら、こちらさん始めて?」
「ええ、海を渡っていらしたこのは源氏の君ですの」
「まあ、あたしはぴの。この店の店主で政府の諜報部メンバーなの」
なんと!よくよく観察してみれば、ほかに客も見当りません!
「ということで、これが貴方に協力していただきたい事件の一覧です。
 見事解決したら、貴方のご希望の場所へご案内いたします」

こうして、抜けめなくやっかい事と押し付けられたこのは源氏。
仕方ありません。ここはギブ&テイクのお国柄です。

pino.jpg

本まずはクマ出没情報のあった場所へ行ってみることにしました。

道の途中で行き倒れてる1ワン発見。
「あの、大丈夫ですか?」
「…………でてください。。」
「はい?」
「撫でてください」
「・・・」
なんとなく立ち去りたいところですが、むげにも出来ません。
「ふう、ありがとうございます。ボクは小麦。撫でてもらわないと生きていけません」
関わらないと決めたこのは源氏。ですがなぜか一緒に歩き始めました。
「実は妹を探しているところでして・・・」
聞くところによると、自由を愛する妹はいつも旅に出てしまうといいます。
どうやら目的の事件の1つと、同一である可能性大です。
こうして旅の同行者が出来ました。

しばらくすると、どこからか鳴声、いえ咆哮が聞こえてきます。
恐る恐る近付くと、なんとクマが!

J&R.jpgL&Rkuma.jpg

しかし、あまり迫力もないし、どちらかといえばマスコット的な愛らしさです。
「私達は魔法使いのイタズラでこんな姿になってしまったのです」
「自慢のたれ耳も、こんなに丸く。。」
言われてみれば、ボディはこのは源氏に似ているのに、耳はクマ。
「ぼくら夫婦にはカワイイ娘がいるのに、、こんな姿じゃ会えないよ」
「あのコは喜ぶかもしれないけど、、でもたれ耳がいいの。。」
夫婦らしい2ワンの耳も、もちろんクマ。
「それで魔法使いはどこにいるのですが」
「さっきまであっちの湖で、魔法の練習をしていたけれど。。」

本湖に行くと、たれ耳とおぼしき白いワンコが、羽根のようにお耳を広げているところでした。
「君が魔法使い?」
「わたしは麦。まだ見習いだけど、将来は大賢者ムギラになる為に修行中なの」
「君の魔法で、クマにされたワンコが困ってますよ」
「まあ!それは大きな誤解ね!!耳は立ってるほうがこれからの時期、通気性がいいのよ」
どうやら親切心からの行いのようですが、あのクマ耳は保温性はあっても通気性があるとは思えません。。
「仕方ないわね〜。。」
魔法使い麦が呪文を唱えると、計8個のクマ耳が元のたれ耳に戻りました。

mugi.jpg

「ああ、早く家に帰らなければ」
ルーシー&リッキー夫妻はカワイイ小悪魔天使の待つ我が家へ。
リッヒ&ジェロ姉妹は、迎えのバギーを待って、家に帰って行きました。

L&R.jpg jikayou.JPG

・クマの出没情報
 ・自由犬の捜索
 ・魔法使いのイタズラ》 ラスト1件。

すると魔法使い麦が、
「あなた、私と名前が1字違いね。これも何かの縁。自由犬を召喚してあげるわよ」
再びお耳を飛ぶように広げたかと思うと、突風と共に、これまた白いワンコが現れました。
「あれ、小麦じゃん。こんなところでどうしたの」
さすが自由を愛するワンコ、思考も自由です。
「あれじゃないよ〜柚ぅ〜〜!早く帰るよ。こんな人気のない場所じゃ、撫でてくれる人探すのに大変なんだからね」

KOMUGI&YUZU.JPG

こうして芋づる式に事件を解決出来たこのは源氏。
そろそろ王朝絵巻の世界に戻るとしましょう・・・。

本事件を解決出来た見返りに、はな式部の故郷の地図をもらいました。
辿り着いたのは、食べれそうな草の生い茂る村でした。
「いらせられませ、このは源氏」
「主がお待ちかねです」
長毛も美しく気高い花御前と、控えめで清楚な桃御前に導かれて館の奥へ。

hanagozen.JPGMOMOGOZEN.JPG

「大きくなりましたね。このは源氏」
するすると上がる御簾の向こうに、なんとりょく壺に似た猫が。
「あなたは。。」
驚愕に震えるこのは源氏。
「わたくしはタマ壺、あなたの母です」
「母君!?しかし母は確か僕が小さい時に・・・」
「許しておくれ、宮中にはおいしいパン職人がいなくてね。。」
無類のパン好きのタマ壺は、宮中暮らしに飽きたのではなく、
おいしいパン、ただそれだけを求めて、この地へ辿り着いたのでした。
「幼い貴方が心配で、私に似ているりょく壺を、帝に嫁がせたけど、、
いい加減、母の影を追うのはおやめなさい。あなたは犬なのよ、猫にはなれないの」
次々と明かされる衝撃の事実に、打ちひしがれるこのは源氏。
なんということでしょう。。理想の姫君を求めたはずの旅は、現実を見せようという、
生母タマ壺、義母りょく壺、そしてこのっちの帝の陰謀だったのです。

s`l`.jpg

すべてを失った、このは源氏。
しかし、まだ希望があります。
そう、最初に出会った、あの猫っぽいパルの上が、今も待っているはず...!

しかし、そう上手くは行かないのが世の常です。
理想の姫に育てあげようと思ったパルの上は、このは源氏を待ちきれずに、地元に彼氏を作ってしまいました。。。


「ねえ、クーマ中将、やっぱり僕にはろんりーが似合うよね」
「ああ、これからもシャイボーイ協会の会長として、華々しくラブリーでいたまえよ」
「そうだね、副会長。。」

時は平ワン。
今日もラブリーに着飾ったシャイボーイ達が、ろんりーに世を謳歌しております。。



                    ― 完 ―



「お名前のみならず、勝手にお写真を拝借いたしましたことと、配役についてのご不満は、
どうか寛大なお心でお許しくださいませ<(_ _)>」筆者

≪1周年だよ☆企画週間≫プレゼントクイズはこちらから(←☆をクリック)
posted by このっち at 23:05| ☔| Comment(6) | 挿話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。