2007年06月19日

毛取物語―新章2―

前編はこちらから。

本慎さん文さんの、黒いチビッココンビが、このは源氏めがけて走ってきました。
一連の事態に、まったくついていけないこのは源氏。
もはやこれまでかと思った瞬間、一陣の風と共に飛来する物体が!!

「持ってこ〜い!」
どこかからの掛け声に、慎さん文さん、眼前を飛来していくフリスビーを追って方向転換です。

「これっ!慎さん文さんっ」
ご老公の呼び声も虚しく、慎さん文さん、フリスビーしかみえていないようです。。
誰もがあっけに取られていると、
「フッ……つまらぬものを蹴ってしまった。。」
声を追って見上げた先に、やたらと凛々しい若者が可憐な少女とこちらを伺っていました。

「おぬし、何者じゃ」
「ボクはサッカー界の貴公子トト、負け犬イジメは見過ごせないな」
「にいたん、なにやら誤解があるようにみえましゅ」
「なんだって?」
「ええと、、僕は帰ってこない村娘さんたちを探しに来たものなんですが……」
「・・・ではあやしい者ではないと?これは失礼いたしました。私は越後のちりめんワンコの隠居でございます」
そこへフリスビーを持って戻ってきた、慎さん文さん。
「娘さんたちは遠出が日課で、今日はつい長居してしまっただけのようですよ」
「私たちが村までお送りしましょう」
こうしてご老公一行は村娘を伴って世直し旅に戻って行きました。

totolulu.jpg

本さて、魔物退治もしないであっさり任を解かれたこのは源氏。まずは助けてもらったお礼を言わねばと、
「ぼくはこのは源氏といいます。なにやら危ないところを救っていただきまして、ありがとう、、」
「ということは、あなたりょく壺おねえちゃまの義理の息子ね」
「りょく壺様をご存知で?」
「ええ、あたちはルル。りょく壺おねえちゃまが帝の后になどならなければ、
今頃世界は、あたちたちの美しさの前にひれ伏していたはずよ」
「ハハッ、ルルは十分その魅力を振り撒いているよ」
貴公子トト、どうやらシスコンのようです。
「それよりも気になることがあるんです。ここに住まうというチビッコ族はどこにいるのでしょう?」
「さあ、ボクらも今来たばかりで。。」

するとなにやら生暖かい風が吹いてきて、辺りがざわめきました。

「そなたら、ここをチビッコ谷としっての狼藉か」
恐る恐る声の方をみると、白と黒のお耳が大変りっぱな小さいワンコが、岩の上から3匹を見下ろしていました。
このは源氏、谷の入口でリンレイ姉弟から受けた助言を思いだしました。
そう、謙虚な態度です!
「ココロならずも大変失礼いたしました。私は通りすがりのもの、どうかこのままお見逃しください」
宮中仕込みの低姿勢、立派な自己防衛セリフです。
「・・・妾はチョビ。このチビッコ谷のプリンセスじゃ。去るというなら追わぬが、通行料は置いてゆくのじゃ」
さて困った3匹です。
金品の持ち合わせもなく、オヤツも携帯していませんでした。
あるものといえば、、
「にいたん、そのサッカーボールをあげちゃってくだしゃい」
「いやだ!これはボクの命だよ!!」
「何いってるんですか、ボールの1つや2つ。。」
「なんだい、君まで!いいかい、このボールはね、、」

ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ...
突然の地響きです!
敬意を失った態度が、ついにプリンセスの逆鱗に触れてしまいました。
愛らしいお顔はそのままなのに、立派なお耳が、、シフトチェンジ!!

chobi(ab).JPGー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)chobi(ac).JPG

「去るのじゃ!!」

突風が吹きすさび、3匹はびゅうーーっと飛ばされていきました。。

3匹が気付くと、そこは港でした。
なんだか都合よく目的地に近付いているようです。
「ボクたちはここから世界中を周ることにするよ」
「あたちは美しさ、にいたんはサッカーでね」
トトルル兄妹に手を振って、このは源氏は、はな式部の故郷へと出港します。

本潮風にあたりながら波間を眺めていると、グルグルと世界が回りました。
船酔いです。
甲板でケロケロしているこのは源氏に、セレブな香りの漂うワンコが近付いてきました。
「よろしければこれを。。」
差し出されたハンカチには、ジャスミンの香り。。
「私はジャス。ママ離れの練習中なの」
「ママさんは港に?」
「いえ、船室にいるわ」
「・・・」

jas.JPG

船酔いが落ち着いてきた頃、再びジャス嬢がお茶のお誘いにやってきました。
「この船には、いま流行りのなんとか喫茶があるそうなの、ご一緒しましょ」
せっかくのお誘いです、案内に添って扉を開けるとそこは、、
「お帰りなさいませ!お嬢様」
白のボディカラーに燕尾服のきまってるワンコが出迎えてくれました。
「わたくしは、執事のペル氏でございます」
「え、ペルシ君だよね?」
「いえ、ペル氏でございます」

6.19(aa).JPG

とまどいつつもアフタヌーンティーなどいただいていると、先ほどのペル氏がやってきました。
「失礼いたします。あちらのお嬢様がたが、記念撮影をご一緒にと申されておいでです」
みると、白黒茶のワンコが見事なポーズでお座りをしていました。
「ぜひご一緒にお写真を」
そう微笑みかけてくるのは、茶のくるみ嬢。
「私たち、旅の記念にはかならず集合写真を撮ってますの」
白のあずき嬢が見せてくれたアルバムは、どれも見事なまでの集合写真です。
「そのあとで一緒に甲板でランしましょ♪」
元気に答えたのは、黒のなっつ嬢。
「ではわたくしがシャッターを、、」

さあどうするシャイボーイ&シャイガール!?

3姉妹のお友達アルバムに、初の個別写真が飾られました。。

kurunatuazu.JPG

さて、山を越え谷を越え、海まで渡って、いよいよ上陸です!!

・・・ということで終わらなかったので、前中後編となってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
21日完結ですダッシュ(走り出すさま)

                    後編>>


「お名前のみならず、勝手にお写真を拝借いたしましたことと、配役についてのご不満は、
どうか寛大なお心でお許しくださいませ<(_ _)>」筆者

≪1周年だよ☆企画週間≫プレゼントクイズはこちらから(←☆をクリック)


posted by このっち at 19:58| ☔| Comment(12) | 挿話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完結編を待たずに「あっぱれ大賞」を差し上げたいです☆

早く完結編を。。。
19日まで待てとおっしゃるの?
それはつろうございまするぅぅぅぅ。。。。


追・ジャス嬢・・・モサッ^_^;
Posted by ジャスママ at 2007年06月19日 22:03
うきゃー!
悪のチョイ役でもウレシイと思っていたのに誇り高きチビッコ谷のプリンセスとは!大役に保護者興奮でございます〜。ボーロの1つでも差し出してくださればプリンセスは通行許可したと思います。何しろイヤシンボですから(汗)
あ〜21日が待ち遠しいなーーー!
ペル氏、いいですね〜!ナイスです!
Posted by チョビ at 2007年06月19日 23:51
すごい。
知人犬のキャスティングは、最初にメモでもして計画しているんでしょうか?

してるわけ ないか。。。(^^;)
Posted by つちまま at 2007年06月20日 00:12
うぷぷぷ( ̄m ̄)あぁ、いとおかし。笑
このっち先生の文才に感激です。
後編・・・読みたいけど、終わっちゃうのもったいない〜(>▽<)

いま、このっち先生はおいあげの執筆中でしょうか?頑張ってください!!
出版の際にはちゃんとハードカバーで買いますんで!!
Posted by ミズイ at 2007年06月20日 00:48
「持ってこ〜い」と、執事喫茶で大笑い☆

いよいよ上陸! 完結編が待ちきれません〜〜。
 
 

Posted by のぶちん at 2007年06月20日 00:49
すごいすごい!!
オールキャスト??
ぴのの写真もどんどん使ってくださって大丈夫ですよ!デブネタでもなんでも(>▽<;)アハ


ヘンプ上手〜
白で作るのも可愛いですね。
このは君に超お似合い♪勿論このっちさんにもね('-^*)/

Posted by ぴの母 at 2007年06月20日 01:19
わー♪すごい!!
知ってるお顔がいっぱいの物語だわ〜☆
ってことで、是非蝶々どんも
良かったら出演させてくださいませ♪

Posted by Big蝶々 at 2007年06月20日 08:13
うくくくっ。笑わせていただきましたw
特にジャスちんの
「ママは船室」のくだり・・・
写真もしっかりママの肩写ってるし〜
よくぞこれだけ揃っての登場。拍手。
Posted by たぁ at 2007年06月20日 11:05
すごいすごい、おもしろい!!
笑いのツボもあちこちに。
何度も読み返して笑っちゃいました。
このっちさん文才あるな〜。
つづきが楽しみでなりません。

Posted by ベレー at 2007年06月20日 11:34
このっちさん、すごい文才!!
以前から、ブログの端々に文学的な香りがそこはかとなく
漂ってるのを感じてはいたのですが、国文科ご出身でしたか〜。
そして、ここへ来てついに大作が・・・後編が待ちきれません(>_<)

我が子もしっかり出演させて頂き、感無量ですよ〜。
しかも執事喫茶のペル氏・・・ぷぷぷっ☆
本犬の実際のキャラでは即日クビになりそうですが、
燕尾服着せてみたくなりました〜(^o^)
Posted by ティアレ at 2007年06月20日 13:47
そうそう、

もし、週末のフリマに来られるようでしたら、うちのブログのプロフィールからメールください。

ではでは〜
Posted by のぶちん at 2007年06月20日 13:48
◆ジャスママさんへ

皆様の愛するワンニャンのナイスなキャラクターに助けられてます!!

がががんばります(汗)
ジャスちゃん、もしやサマーカットされました?


◆チョビさんへ

ボーロか...!!
プリンセスのお気に召すものが思いつかなくて、ダークサイドのお姿になっていただいたしだい。。
リサーチ不足でしたぁ〜(>_<)

ペル氏とご老公ネタを思いついた時、バスの中でしたが、1人でニマニマしちゃいました^m^


◆つちままさんへ

してるわけ、ないね〜。。
ちゃんと計画してたら、あの時間に「画像が取り込めないっ」なんて悲鳴つきメール、出さずに済んだのにね〜。。<(_ _)>

最初に思いついたのは↑にもありますが、執事ネタとご老公ネタだけ。あとは名前だか書いたメモをマウスの横に置いて、話しの流れで、じゃあここで♪みたいに登場していただいてます。

読書感想文も小論文も、提出期限のせっぱつまった勢いで仕上げるタイプです。。(@_@;)


◆ミズイさんへ

うわ〜〜〜(@▽@;)
とにかく頑張りますです!

豪華螺鈿細工の箱に三巻セットでお届けします。シャイボーイ協会って通販のお取り扱いありましたっけ?(爆)


◆のぶちんさんへ

いよいよですよ〜〜^m^
お待たせいたしてます〜。

ファミリーでお願いしております。あ、積み木崩れてないとこで(^^ゞ

のちほどメールしま〜す☆


◆ぴの母さんへ

ありがとうございます。
こうして変わらず遊びにきてくださって、感激です♪

そうだぴの母さん、ヘンプ作られるんでしたよね。確かぴのちゃんとクロッキーちゃんが付けてましたよね?
私、やったことないんですよ〜、難しいですか?


◆Big蝶々さんへ

もちろんですよ〜そのために海を渡ったんですから☆
しばしお待ちくださいね〜♪


◆たぁさんへ

あ、ほんとだ、ジャスママの肩だ(笑)
現実には、船室もないですよね〜。
きっと一緒に執事喫茶に行ってますよ^m^


◆ベレーさんへ

いや〜〜そんなに褒められると、、美しさで世界を制圧していく『ルル、美しき計略』なんての続編を書いてしまいますよ(ー▽ー;)

ちなみに「フッ・・・」のセリフをどうしてもトト君に言ってもらいたくて、あそこで登場いただきました☆


◆ティアレさんへ

ペルシ君は王子キャラだと思ったのですが、「ペル氏」に気付いちゃってね〜^m^
どうしても使いたくて(笑)

燕尾服をお召しになったら、ぜひ送ってください!!
ぜったい似合う☆
ペル氏喫茶、このっちも行きたいな〜♪
Posted by このっち at 2007年06月20日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。