2007年01月27日

毛取物語

(注:古典「竹取物語」とはなんら関係ございません)

【いまはむかし、毛取の翁というものありけり。
 自らの抜け毛を丸めつつ、よろずのことに使ひけり。
 なをば、白猫のりょくとなんいひける。。】

本
ある日のこと、翁が抜け毛で丸めた「りょく玉」
転がしていると、木の葉の中に黒い毛玉をみつけた目
これは珍しいと持ち帰って、大切に育てたところ、
たいそう美しい娘に成長したそうな、、。

1.27a.JPG

年頃の娘には求婚者が後を絶たない。
中でも5人の若者が姫を我がものにせんと、必死に追いかけた。
しかし、高価な貢物、もとい贈物も、熱烈な恋文もすっ飛ばす野郎公達たちに、
姫君の心がなびくはずもなく、、
姫君は孤独な日々を過ごしておったそうな、、。

「りょくお爺さん、わたくし、月に帰りとうございますもうやだ〜(悲しい顔)
これには翁もあわてて、
「このは姫や、月に帰るなどと言っても、あそこは兎の世界、
 犬には行けないよ」
「えexclamation×2わたくし、猫でしょう?」
猫にも行けないなどということは、気にするところではなくて。
「・・・」
翁はついに真実を告げることにした。
「姫や、よくお聞き。おまえは犬で、しかも男なんだよ」
「なんですってがく〜(落胆した顔)

姫はようやく、公達に言い寄られる訳に思い当たりましたが、
なぜ猫の姫として育てられたのか、分りません。
すると、翁はしぶしぶ答えてくれました。

「このっちの帝という方が、女子の方が衣装がカワイイからと、
 姫として育てるよう、お云いつけになったのだよ」
「ならわたしくが公達に追われるのは、その帝のせいなのですかexclamation&question
呆れかえる姫君に翁は言いました。

「しかし姫や、帝に逆らって生きていくなど、無理な話。。
 ここはスッパリあきらめて、姫としてたくましく生きておくれたらーっ(汗)

こうして、このは姫は、理不尽という言葉を覚え、
公達から逃げ続ける日々を余儀なくされたのでした。。


これは、5匹の公達から追いかけられた、とある姫君の物語。。やや欠け月

1.27b.JPG

語り・りょく  主演・このは  脚本・このっち

着想:本日公園で5ワン(もちろんオス)に追いかけられてた、このはの切なさを表現してみましたが、上手く伝わりましたでしょうか本


posted by このっち at 23:17| ☔| Comment(14) | 挿話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ〜切ない物語(;;)
このは姫の生い立ち、そういうことだったのですか!

このっちの帝様には逆らえない。そういう宿命の元、このは姫はたくましく生きてゆくのですね〜。

しかし、物語は単純に読んではいけません。

最近は王子様より姫様のほうが強くてたくましいという世相のようですから、これは、このは姫を男子より強くたくましく育てようという深謀遠慮があるのかもしれませぬ。

いずれにしても、このっちの帝様のいいつけは何事でも守らねばなりませぬぞ>このは姫
Posted by toshi at 2007年01月28日 09:56
なるほどー‥‥せつないお話です。
続編にて、このっちの帝様と対決する王子、いえ、この場合このは姫を目覚めさせる勇敢な王女かしら‥が出現したりして‥!
Posted by チョビ at 2007年01月28日 11:40
このは姫は、翁が女子だってことは知ってるんでしょうか?
なんにせよ、すべてはこのっち帝のなさること。
さからえません。
Posted by 小麦&柚ママ at 2007年01月28日 21:51
◆toshiさんへ

さすがtoshiさん(@_@)!!
むかしは丈夫に育つように、小さい男の子に女子の着物を着せていたといいますし、なにより、このっちの帝は、実は女帝という、つまり姫への海よりも深い母の愛まで読み取っていただけたようで。。(いえ、けっして今思いついたのではないですよ、ええもちろん)

さわらぬ神にたたりなし、ということだそうです。。BYこのは姫


◆チョビさんへ

ぜひプリンセスチョビに、登場願いたいです!!
つれない素振りで、言い寄る男共をあしらう術を伝授してやってくださいませ。
ただその後、ラブストーリーに発展するかどうかは疑問が残りますが(ーー;)

勇敢な王女様を引き止める魅力が、姫にあるかしら?それより、なんというタイトルを付ければいいのかしら。。


◆小麦&柚ママさんへ

翁が女子。きっと気付いていませんね。
ニャンコに性別があること、知らないんじゃないかと。。

おほほ、帝も女帝ですのよ。
Posted by このっち at 2007年01月28日 22:44
このは姫は公園でも♂に大人気なんですね〜♪ たしかに、切ない。。。

まさに、このっちの帝様の狙い通り。。。。(笑)
 
これからも、美しいこのは姫の活躍に期待してます〜。

Posted by のぶちん at 2007年01月28日 23:45
十二単をまとった美しいこのは姫が容易に想像できますぞ。。。
そして、公達たちに追いかけられて逃げ惑う姫。。。

姫には側近はおらぬのか。。。と、このは姫の悲痛な叫びが聞こえてきました。。。(;_;)
Posted by ミズイ at 2007年01月29日 00:39
あーー おっかしい
どうしてこういう発想がわくのかしらぁん
Posted by つちまま at 2007年01月29日 01:00
ほ・ほ〜・・・。
つちまま同様の感想でごじゃる・・・。・。
Posted by at 2007年01月29日 02:17
本当に切ないお話し・・・
このは姫と同じで慎姫が(-_-;)我が家にもおりますが、女の子の洋服は可愛いものねぇ〜
しかし文学少女だわぁ〜このっちさん!
パチパチ
Posted by ちゃんこ at 2007年01月29日 16:53
◆のぶちんさんへ

広場に入った途端、見慣れないダックス君がダッシュしてきました。「かわいいね〜どこの・・・」といった時には、乗っかられてました(T_T)
抱っこしていてもジャンプしてくる果敢なコも何匹か。。
姫がいる限り、ママさんにリードを持たれたままの状態のコ。。
なぜみんな、、オトコだよ?

せつないやら虚しいやら、、公園の平和と姫のプライドを維持する為、いつも途中退場です。。


◆ミズイさんへ

十二単では、逃れるのも至難の技です。。

側近(父)は、他のワンコにオヤツをあげるのに夢中でした。職務怠慢です! byこのは姫


◆つちままさんへ

さすがに1度に5匹に追いかけられたのははじめてです。
ママさんにリードをしっかり持たれたままのコを入れたら、6匹かも?
そういや、5人に言い寄られた姫がいたなーと。。

そりゃーワンコも公園も、苦手なるよなー(>_<)


◆杏ママさんへ

休日にしか行かなくなったけど、あいかわらずモテテマス。。

パロディにでもしなきゃ、虚しすぎます。。


◆ちゃんこさんへ

文学少女。。少女!!
いや〜〜、太字がデカ文字でお願いします(^^ゞ

慎姫も、殿方におもてになるのですか?!
は〜でも、女のコ服は、やめられませんよね〜。。
Posted by このっち at 2007年01月29日 21:37
コノハくん、今頃、自分がネコじゃないって気が付いたんだ〜
っていうか、やっぱり気づいてなかったんだ!って言うべき?(笑)
スゴイ!よく「毛取物語」思いつきましたね!!なんかに投稿してみれば?なんちゃって(^_-)-☆
P.S.水曜日の午後にスケジュール変えちゃってゴメンなさい。m(_ _)m
今度は中華でも!
Posted by ますりん at 2007年01月29日 23:39
◆ますりんさんへ

ね、やっぱりだよね(ーー;)
なぜあそこまで、自分を猫と信じちゃったのかしら。。

「毛取物語」って我ながらナイスと思ったけど、なにかの製品名みたくない?(しかもペット用。。)

スケジュールは大丈夫よん♪
は〜飲茶もいいかもね〜♪
Posted by このっち at 2007年01月30日 01:21
あっぱれ!

しかし、このはくんが不憫・・・(笑)
トトも男のこにもてるのよね。
お尻のにおいを嗅がれすぎて、ヨダレでべちゃべちゃになることも。
Posted by ベレー at 2007年01月31日 18:05
◆ベレーさんへ

トト君もですか(@_@)!!
でも、乗っかられるとちゃんと怒ります?
このは、逃げることしかしない、いえ出来ないんです(T_T)
「きっといい匂いがするのね〜」と公達の母上様たちはおっしゃいますが、そんな匂い、いりません。。
Posted by このっち at 2007年02月01日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。