2006年10月31日

少女の憧れ?

10.31-a.JPG



モバQ魔女オンナの怪モバQ】   

これは、このっちの少女時代のお話。(注:ホラーではありません)

ある日の夕食の席で、当時、小学校低学年だった弟が言いました。
「○△ちゃんたちがね、お姉ちゃんのこと、
 魔女オンナみたいだって」
「・・・・・・はあexclamation&question

商売人の祖父、営業マンの父と受け継がれたであろう、完璧なまでの外面の良さぴかぴか(新しい)が、近所のガキンチョごときに見破られたっていうのexclamation&question
呆然憮然の少女このっちをよそに、大爆笑の食卓。。
「子供の目は誤魔化せない」などと拍手でも起きそうな有様。
まったく、失礼しちゃうちっ(怒った顔)
だいたい、魔女オンナってなんなのさ。
日本語としておかしいでしょ。
それじゃ魔女オトコもありな訳?

「今度連れてらっしゃい。お姉ちゃんが教育してあげるからパンチ
釈然としないまま、そう言って、ふと気付く。

「ねえ、マジョオンナじゃなくて、マドンナみたいじゃないの?」

そうだよ、小さい頃って年上の同姓に憧れるものじゃない。
このっちも、近所のお姉さんとか、音楽教室の先生とかに憧れてたものぴかぴか(新しい)
おませな女の子たちなら、使ってもおかしくない言葉かもひらめき

しかし、当時の弟の辞書に「マドンナ」なんてものがあるはずもなく。。
当人たちに確かめる勇気もないまま、、
真相は遠い過去の中で、永遠のナゾとなってしまいました。

でも、少女このっちが受けた衝撃はけっして小さくなかったとみえ、
いまでも「魔女」なんて聞くと、ふと思いだしてしまうのです。
なぜ「マドンナ」では思いださないかは、、、
やはり「魔女オンナ」の方がインパクト強いから、、ってことにしています。


何度も言いますが。
これは、このっちが可憐な少女の頃のお話です。かわいいかわいい



10.31b.JPG
ママの背中には黒い羽根があります。


10.31c.JPG
いまなら、鬼でも悪魔でも否定しないわよね♪










posted by このっち at 00:00| ☔| Comment(9) | ことのは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。